【池袋暴走事故】「プリウス」用意し池袋で実況見分、現場に頭下げる飯塚容疑者…書類送検へ

池袋暴走事故犯人の車種はプリウス

1: ばーど ★ 2019/06/14(金) 08:02:29.26

暴走事故の実況見分に立ち会う飯塚容疑者(中央)(13日午前、東京都豊島区で

no title

東京・池袋で高齢ドライバーの車が暴走し、12人が死傷した事故で、警視庁は13日午前、車を運転していた旧通産省工業技術院の元院長・飯塚幸三容疑者(88)を事故後初めて現場に立ち会わせ、実況見分を行った。警視庁は、運転操作ミスが事故原因とみており、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死傷)容疑で飯塚容疑者を書類送検する方針だ。

実況見分に先立ち、捜査員約10人が、事故で犠牲となった近くの主婦松永真菜まなさん(31)と長女の莉子りこちゃん(3)を悼む献花台の前で手を合わせ、黙とうした。

実況見分は午前10時頃から、現場の片側車線を通行止めにして行われた。事故車両と同じ乗用車「プリウス」が用意され、飯塚容疑者は後部座席に乗車。現場手前で接触した縁石や、加速して突っ込んだ交差点までの経路などを確認した。

暴走事故の実況見分に立ち会う飯塚容疑者(中央)(13日午前、東京都豊島区で)=鈴木毅彦撮影暴走事故の実況見分に立ち会う飯塚容疑者(中央)(13日午前、東京都豊島区で)=鈴木毅彦撮影
 
松永さん親子をはねた交差点では、飯塚容疑者が車から降り、おぼつかない足取りで現場を自ら確認した。捜査員に連れられた飯塚容疑者は両手でつえをつきながら、現場に向かって頭を下げていた。

事故は4月19日昼に発生。飯塚容疑者の車が道路左の縁石に接触後、時速100キロ近くまで加速して横断歩道に突っ込み、松永さん親子が死亡、10人が重軽傷を負った。

飯塚容疑者はこれまでの聴取で事故を起こしたことを認める一方、「アクセルペダルが戻らなかった」などと運転ミスを否定しているという。車体検査で車に異常は見つからなかったほか、現場にブレーキ痕もなく、警視庁は動揺してアクセルを踏み続けたとみている。

6月13日 読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190613-OYT1T50209/

3: 名無しさん@1周年 2019/06/14(金) 08:05:41.99
これがうわさの

7: 名無しさん@1周年 2019/06/14(金) 08:07:02.42
人を殺めておいて何で書類送検で済むの?
ブタ箱に入れろや!!!


続きを読む